熊本学園大学

熊本学園大学

熊本学園大学
資料請求 FOLLOW US
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line
  • youtube
メインビジュアル
OB INTERVIEW 01 OB INTERVIEW 01

多くの人との出会いで

新しい自分を見つけた。

左の三角 左の三角

クマガクは自分の夢を叶えるのに
ぴったりの場所でした。

高校生の頃は、地元大分で教員をめざそうと決めていました。商業高校に通っていたこともあり、教員免許が取得でき、簿記を深く学ぶことができる大学を探していたところ、担任の先生が勧めてくれたのがクマガクでした。
入学して最初の一年は、学生寮に入りました。大学から近く、通学も徒歩圏内で、食事の心配をしなくてよかったのが、本当に助かりました。また、寮に入ったおかげで友人も増えました。地元を離れて、生活を始めることを考えると、最初は寮に入ることもオススメです。

石崎さん仕事風景写真01

大学時代に何かに打ち込むことを
見つけることも大切。

クマガクの印象は、人もキャンパスもとても活気があること。毎年秋に行われる学園祭「託麻祭」は、模擬店やステージイベント等も行われて、たくさんの人が訪れる、大学の名物イベントで特に活気があります。また、サークル活動も盛んで、私は自転車部を立ち上げるために、活動を行いました。残念ながら今は自転車部はありませんが、学生時代に夏休みを利用して、自転車で日本縦断したことは今でも忘れられない思い出の一つです。
大分から熊本に行って、一番驚いたのは水がおいしいこと。蛇口の水も普通に飲めますし、「蛇口をひねればミネラルウォーター」と言われるほどです。さらに熊本は交通の便も良く、とても住みやすい街です。

石崎さん仕事風景写真02

県外からの就職活動にも
全く不安はありませんでした。

消防士をめざしたきっかけは、社会人になるための基礎力や就職に向けたさまざまな内容を学べる『キャリアデザイン論』で消防や警察の仕事の話を聞いたことでした。公務員講座や就職課なども最大限使用し、勉強だけでなく、面接の練習も徹底的に行いました。今思うと、事前準備がしっかりできたことが就活成功のカギだったと思います。今は、地域で助けを求める方々の役に立てることが、何よりの喜びとなっています。
県外で学ぶことに不安を感じる人もいるかもしれませんが、県外に出て新しい環境で勉強することは、視野も広がり自分自身にとってとてもいい刺激になると思います。ぜひ皆さんもクマガクで夢を見つけ、叶えてください!

石崎さん仕事風景写真03
応援サイトへ 応援サイトへ
pagetop